外壁・屋根塗装

■ 適切な塗装で住まいの劣化を防止しましょう

塗装は美観だけではなく、お住まいを守る大切な工事。
外壁や屋根は、一年中直射日光や風雨、激しい寒暖差の影響を受けています。
紫外線や水、湿気などは、お住まいに大きなダメージをもたらす大敵!
塗装が外壁を保護している間は問題ないのですが、塗装の効果が切れてしまうと、外壁はたちまち劣化してしまいます。

建物を安全に長く使うためにも、適切なタイミングで塗り替え工事を行うことが非常に重要。
劣化箇所の状況やご要望に合わせた最適な塗り替えで、暮らしの安全を守ります。

■ 塗料選びのポイント

塗料選びは、塗装を良い仕上がりにするための重要なポイント。
金額が高い塗料ならいいというわけではありません。
大切なのはお住まいに合っているかどうか。
建物の材質やお客様のライフスタイルに合わせて、色選びのご相談に応じます。

外壁塗料の主な種類
・アクリル樹脂塗料  【価格★ 耐久性★】
低価格で施工できるため、費用を抑えたい時や短期間で塗り替えを行うときにおすすめです。

・ウレタン樹脂塗料  【価格★★ 耐久性★★】
施工できる材質の幅が広く、コンクリートや鉄部・木部とも相性の良い塗料です。

・シリコン樹脂塗料  【価格★★★ 耐久性★★★★】
紫外線や湿気に強く、コストパフォーマンスも高いため、塗装の現場で最も使われている塗料です。

・フッ素樹脂塗料  【価格★★★★ 耐久性★★★★★】
耐久性が非常に高く、独自の光沢感や汚れにも強いといった点で長期間外壁を保護できます。

■ 塗り替え時期のタイミング

外壁塗装の塗り替えサイクルはおよそ10年と言われていますが、立地条件や塗料の品質、施工の良し悪しによって大きく前後します。
「そろそろかな?」と思ったら、下記のセルフチェックを実施してみてください。

□ツヤが無くなっている 【危険度:★☆☆☆☆】
外壁塗装後数年もすれば、発色が悪くなったり、ツヤが無くなってきます。
この時点では建物にダメージは及んでいませんのでご安心ください。

□汚れが目立ってきた 【危険度:★★☆☆☆】
汚れや色あせが目立ってきたら、外壁を保護する塗膜の劣化が進んできた、というサイン。
慌てて塗りかえる必要はありませんが、これ以上の症状が出てくる前に外壁塗装計画を立てておくのがおすすめです。

□壁を手で触ると白い粉がつく 【危険度:★★★☆☆】
外壁を触ってみて手に白い粉がついたりしませんか?
これは「チョーキング」といって、紫外線によって分解された塗料が粉状になっている状態を指します。
ここまで症状が進むと、塗料本来の外壁を保護する性能が発揮されなくなっています。
費用対効果も考えると、塗り替えのベストタイミングと言えるでしょう。

□ひび割れがある、コケが繁殖している 【危険度:★★★★☆】
ひび割れには様々な原因がありますが、外壁塗装面が劣化してくると表面が乾燥したり、湿気を吸い込んで膨張するなど、ひびができやすい状態になってしまいます。
幅3mm以上のひび割れは、すでに建物の内部に水分が浸透している可能性が高いので、早急なメンテナンスが必要。
長い間外壁が湿気にさらされると、コケやカビが発生することもあります。

□塗膜が剥がれている 【危険度:★★★★★】
下地の劣化や密着不良によって塗膜がはがれている場合は、すぐに塗り替えが必要です。
もはや外壁を守るものは無くなり、直射日光や風雨によるダメージが直接外壁を襲っている状態。
このまま放置しておくのは大変危険です。

【電話】042-207-6243 (代表直通:080-6289-8938)
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】8:00~20:00 (定休日:日曜・祝日)
【対応エリア】国分寺市中心に、東京都内

一覧ページに戻る