築10年と劣化の発見が外壁塗装のタイミング

毎日目にする外壁は、退色変化がわかりにくいものです。また、外壁劣化のサインを風雨による汚れと勘違いして、外壁塗装のタイミングがつかめないこともあります。きちんと観察して、外壁塗装のタイミングを見逃さないようにしましょう。適切なタイミングで塗装をすることが、住宅の劣化を最小限に食い止めることにつながります。

外壁塗装の目的は「劣化防止」

外壁塗装の目的は、見た目の印象を変えるだけではありません。まずは、水から住宅を守るという目的があります。水は住宅を劣化させる最大の原因です。防水性の高い塗装を施すことにより、住宅の劣化を遅らせることにつながります。

また、劣化してしまった建物の強化にも塗装が使われます。塗装工事では小さなひび割れの修繕もできるため、築年数が経った建物を補強しながら防水性を高めることができるのです。

塗装は新築10年、外壁診断は7年目が目安

塗装は新築10年、外壁診断は7年目が目安

住宅の外壁に使われることが多い窯業系のサイディングボードは、防水塗装が施されています。しかし「塗装」ですので徐々に効果が薄れ、効果が維持できるのは7年前後といわれています。その他の劣化も踏まえて、新築なら築年数10年を目安に外壁塗装を行うことをおすすめします。

本当に塗装が必要なのか不安な場合は、7年経過した時点で外壁診断を依頼しましょう。外壁の状態がわかるため、適切な対応ができます。

劣化が見られたら塗装のタイミング!

劣化が見られたら塗装のタイミング!

耐用年数10年以上といわれている塗料でも、5年で塗装が必要になる場合もあります。もしも外壁の色が褪せてきたら、次のような変化が起きていないか確認してみましょう。

常に紫外線や風雨にさらされている外壁は、表面から徐々に劣化していきます。手で触ってみて、白っぽい粉がつけば劣化のサインです。また、気温の変化で膨張と収縮を繰り返した塗膜は、剥がれ落ちていることがあります。地面に塗膜が落ちている場所や、剥がれている場所があれば外壁塗装の考えどきです。

最も緊急性が高い変化がひび割れです。外壁自体のひび割れはもちろんのこと、建築材の繋ぎ目を埋めるシーリング材部分のひび割れも早急に対応が必要な劣化といえます。

高台や海辺、雨が多い地域や湿度が高い地形など、住宅の立地によっても劣化の進行度合いは異なります。劣化のサインに気づいたら、早めに外壁診断を受けましょう。

もしかして劣化サインかも?と思ったら、成上防水の外壁塗装をご利用ください。国分寺や小金井・府中、東京都内からのご依頼を承ります。府中にお住まいの方はもちろん、国分寺や府中近辺で外壁塗装の業者を探している方、外壁診断の依頼をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

府中近辺で外壁塗装の業者をお探しなら成上防水

社名

成上防水

代表者名

池田 大樹

電話番号

042-207-6243

代表者直通番号

080-6289-8938

FAX番号

042-207-6243

住所

〒185-0014 東京都国分寺市東恋ケ窪6丁目24-3 アネックスオオタニ102号

営業時間

8:00~20:00

定休日

日曜・祝日

メールアドレス

info@seijyoubousui.com

サイトURL

https://www.seijyoubousui.com

業務内容
対応エリア

国分寺市中心に、東京都内

取り扱いメーカー

田島ルーフィング株式会社
コニシ株式会社

株式会社ダイフレックス

サンスター技研株式会社

サラセーヌ

日本特殊塗料株式会社

【電話】042-207-6243 (代表直通:080-6289-8938)
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】8:00~20:00 (定休日:日曜・祝日)
【対応エリア】国分寺市中心に、東京都内


一覧ページに戻る