防水工事の基礎知識

水が建物内部に浸入すると、木を腐らせたりカビを発生させる原因になってしまいます。快適な生活のためには、水から生活環境を守ることが大切です。防水工事の基礎知識についてご紹介します。

防水工事の種類

防水工事の種類

防水工事の種類は、ウレタン防水・シート防水・アスファルト防水・FRP防水と大きくわけて4つあります。

ウレタン防水は塗装によって防水効果を発揮し、シート防水はゴムシートを使用して水の浸入を防ぎます。アスファルト防水はシート状の建材をアスファルトで貼り合わせる方法で、FRP防水は繊維強化プラスチックを使用して水を防ぎます。

それぞれ適している場所や価格、寿命が異なり、広さや状況に合わせた適切な選択が必要です。

防水工事をすべき時期

防水工事をすべき時期

雨や風、激しい太陽の熱にさらされることで、建物は徐々に劣化していきます。屋根が劣化してクラックと呼ばれるひび割れができると、雨水が内部に浸入してしまい、カビの温床となることがあります。

また、屋上の排水口にゴミが詰まっている可能性もあります。ゴミが詰まっていると排水管が上手く機能せず、屋上がまるでプールのようになってしまいます。水に浸かった状態が長く続くと、やがては雨漏りや屋根の破損を引き起こします。

屋根防水の耐用年数は10年から15年とされていますが、地域によって耐用年数は異なります。これといった問題がないから大丈夫だと安心せず、定期的な点検を行うことが大切です。

手遅れになる前に

実害がないからといって、異変があるのに放置しておくことは大変危険です。例えば、防水層が膨れている、建物のジョイント部分が剥がれている、屋根の排水口の流れが悪い、ジョイント部分に雑草が生い茂っている、防水層が劣化しているなどが挙げられます。少しでも心当たりがあれば、すぐにでもプロにご相談ください。

防水工事は、建物を雨風や劣化から守るためには欠かせないものです。早めの点検をし、必要ならばメンテナンスを行いましょう。

国分寺で屋根や外壁の防水工事をお考えの方は、成上防水にご相談ください。防水をはじめ外壁補修工事、外壁塗装、屋根塗装などにも対応いたします。成上防水は、確かな技術と知識を兼ね備えた職人が丁寧に施工をいたしますので、安心してお任せください。国分寺を中心に、東京都内からのご依頼を承ります。建物調査やお見積もりは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

国分寺で防水工事の依頼なら成上防水にお任せください

社名

成上防水

代表者名

池田 大樹

電話番号

042-207-6243

代表者直通番号

080-6289-8938

FAX番号

042-207-6243

住所

〒185-0014 東京都国分寺市東恋ケ窪6丁目24-3 アネックスオオタニ102号

営業時間

8:00~20:00

定休日

日曜・祝日

メールアドレス

info@seijyoubousui.com

サイトURL

https://www.seijyoubousui.com

業務内容
対応エリア

国分寺市中心に、東京都内

取り扱いメーカー

田島ルーフィング株式会社
コニシ株式会社

株式会社ダイフレックス

サンスター技研株式会社

サラセーヌ

日本特殊塗料株式会社

【電話】042-207-6243 (代表直通:080-6289-8938)
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】8:00~20:00 (定休日:日曜・祝日)
【対応エリア】国分寺市中心に、東京都内


一覧ページに戻る